うなじが医学的用語の正式名、襟足は…

うなじは医学的名称としては後頸部と言い、正式に体の部位の呼び名として広く使われています。それに対し、襟足は一般的に表現されるいわば通称で正式な体の部位の呼び名ではありません。この二つの違いを比較する時には、それをまず理解しておく必要があります。

 

うなじと襟足の違いについて説明する女性

 

襟足とうなじですが、うなじの中の場所に襟足がある位置関係です。うなじは頭部と背部のあいだにある場所を意味しています。襟足については、髪の毛の生え際の事であり、特に、後頸部、うなじの中心部の髪の生え際の長く足のように出た部分を表現した言葉です。

 

言葉的に違いを比較する場合は、うなじが医学的用語の正式名、襟足が通称名です。そして、場所の比較ではうなじは広く、その中に襟足が含まれている事になります。襟足の表現を使う場面の多くは着物姿などの表現や、脱毛や着付け作業の説明に使われる事が大半です。また、写真撮影現場などでもモデルや衣装の化粧、着付けやライティングなどの打ち合わせなどに使われる言葉です。

 

また、両方とも多く使われているのは、文学作品や映画など、女性の魅力を表現する場面である事が多く、作品の主要なテーマを構成する要素ともなっているので、多くの人の印象に残る言葉です。